探求

奈良・吉野山(よしのやま)には、古来より御神木(ごしんぼく)として桜が植え続けられ、シロヤマザクラを中心にその数約3万本で日本一を誇ります。

標高順に「下千本(しもせんぼん)」「中千本(なかせんぼん)」「上千本(かみせんぼ ...

共通

春分の日、午後からW家四人そろっての木彫体験。ご夫婦と小学生の男の子二人という珍しいパターン。

お母さんと長男はそれぞれできのこに挑戦。

小学校の授業で版画をしているので彫ることに抵抗はなさそうでしたが、立体で ...

小物・創作木彫の技法

「檜垣(ひがき)」と「組亀甲(くみきっこう)」の彫り方を説明していきます。

1.檜垣の彫り方

檜(ひのき)やその他の板材を互い違いに組んだものを檜垣(ひがき)または網代(あじろ)といいます。今回はこの檜垣を編まずに彫って表現 ...

共通心構え

過去に木彫の基礎を身につけるために上達しながら彫る大切さについていくつか記事を書いてきました。これは少しでも納得のいくものをご自身の力で彫ってほしいと願ってのことです。

・上達しながら彫る(2015年7月)
・身体 ...

探求

仏師。

日本における、仏像などの制作を担当する者に対する名称である。

仏師 – Wikipedia

生徒さんに「知っている仏師は?」と聞くと、必ずと言っていいほど「運慶」「快慶」が入りま ...

小物・創作木彫の技法

「青海波」と「七宝つなぎ」の彫り方を説明していきます。

これまでは、三角刀、平刀、キワ刀を多用してきましたが、今回は浅丸が活躍します。

1.青海波の彫り方

カーボン紙ではがき大の木に青海波と七宝つなぎを写していき ...

小物・創作木彫の技法

今回は「麻の葉」と「紗綾形」の彫り方を説明していきます。

「紗綾形」は卍(万字)を斜めに崩して連続しているので「卍崩し」「卍つなぎ」と呼ばれることもあります。

少し細かい彫りものですが、文様の彫り方 その1 ~ ...

小物・創作木彫の技法

中国古代の代表的な文様「雷紋」。
私はこの文様を見ると学生の頃に近所で食べた中華そばの器を思い出します。

今回は馴染み深い「雷紋」の彫り方を二例説明していきます。

ちょっとした彫り方の違いで見え方が全然 ...

小物・創作木彫の技法

木彫で緻密なレベルの技術を求める場合、はじめに練習として文様を彫るのもよいかもしれません。文様はパターンの連続ですので、正確な線や面などを彫ることができれなければ、整っては見えません。つまり、正確な線や面を彫る技術を身につけるのに打っ ...

共通

木彫教室に入会されて初めてお会いした方や、木彫の注文制作での打ち合わせで初めてお会いした方によく言われることがあります。

「もっと仙人みたいな方かと思ってました」と。

今日は、そのギャップを埋めるため、文体を仙 ...