仏像彫刻仏像彫刻の技法

阿弥陀如来立像

これまでに彫り方を紹介した蓮華三重座に舟形光背(透かし唐草)を取り付けると次の写真のようになります。

以下、舟形光背(透かし唐草)の彫り方をまとめておきますので目次としてご利用ください(クリックすると説明ページにジャンプし ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

舟形光背(透かし唐草)の彫り方 その3(光脚部、身光部、頭光部を彫る)

周縁部に唐草が彫れましたら、最後に光脚部、身光部、頭光部を彫っていきます。

①光脚部を彫る

こちらは一般的な後脚部です。以前、蓮華座の彫り方で説明したものをレリーフとして表現したものと考えてください。蓮華座を彫るときにきちん ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

舟形光背(透かし唐草)の彫り方 その2(唐草を彫る)

左右対称で厚さも整った舟形の木が用意できましたら、周縁部に透かし唐草を彫っていきます。

①下絵を舟形に彫った木に貼る

まずは、舟形の木に下絵をのりで貼ります。唐草を左右対称に彫っていきますので、下絵も左右対称になるように貼り ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

舟形光背(透かし唐草)の彫り方 その1(舟形に彫る)

光背は、仏像の背面を飾っているもので、身体から放たれる光を表現したものです。

今回から数回に分けて、透かし唐草をあしらった舟形光背の彫り方を説明していきます。

①下絵を描く

まずは下絵を描きます。光背お

仏像彫刻仏像彫刻の技法

布を身体に巻き付けると、骨格や身体の動きに合わせて、様々なひだができます。今回は平安前期の仏像において流行した衣のひだ「翻波(ほんぱ)式」の彫り方を説明していきます。翻波式は水面に風が吹きつけたとき生じる波を表したものです。時代の流行 ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

以下に蓮華三重座の彫り方をまとめておきますので、目次としてご利用ください(クリックすると説明ページにジャンプします)。

蓮華座の彫り方 その1(16等分する)

蓮華座の彫り方 その2(蓮弁を彫る)

...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

框の彫り方

今回は框(かまち)を彫っていきます。

一六等分線を引き、コンパスで用材より小さいな円を描きます。

脚以外の部分を彫り下げます。

脚部分の両端を丸刀で彫ります。

脚とそれより上の部分の境目 ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

蓮弁の彫り方

今回は、蓮弁を彫っていきます。

蓮弁の彫り方は蓮華部と反花でほぼ同様となります。ここでは蓮華部を中心に彫り方を説明します。

蓮華部の蓮弁は重なっており、中心に近い花びらを一段目とし、外側の花びらを二段目とします ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

蓮華座の彫り方(16等分する)

蓮華座は、如来・菩薩・明王までがのることができます。色々な部座が組み合わさっており、三重座から十二座までありますが、今回は最もシンプルな蓮華部(または蓮台)と反花(かえりばな)、框(かまち)で構成される三重座の彫り方を説明していきます ...

仏像彫刻仏像彫刻の技法

仏像の彫り方(基本は同じ)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~で学んだ彫り方は仏像の本体を彫るときにも応用できます。高さ12cmほどの小さな阿弥陀さんを例に説明します。

以下は左から右の順に彫り進めたものです。

かたちが次第にあらわれるのが分かる ...