大阪・天王寺 木彫制作★教室(仏像彫刻、小物・創作)
ブログ

共通

習得過程を意識して冷静になる

習得過程の4段階 木彫に限らず、基礎技術は以下の4段階で習得していくと考えています。 1. やり方について知らない ↓ 2. やり方を知っているができない ↓ 3. 意識しながらであればできる ↓ 4. 意識しなくてもで … つづきを見る

習得課程

W家体験

春分の日、午後からW家四人そろっての木彫体験。ご夫婦と小学生の男の子二人という珍しいパターン。 お母さんと長男はそれぞれできのこに挑戦。 小学校の授業で版画をしているので彫ることに抵抗はなさそうでしたが、立体であるきのこ … つづきを見る

W家5人

上達して自由になっていく

過去に木彫の基礎を身につけるために上達しながら彫る大切さについていくつか記事を書いてきました。これは少しでも納得のいくものをご自身の力で彫ってほしいと願ってのことです。 ・上達しながら彫る(2015年7月) ・身体の変化 … つづきを見る

中二病の男子

「とまどい」から「集中」へ

先日、教室でかなりやる気のある生徒さんから次ような質問を受けました。 「家で木彫の練習をする場合、①仕事の後に毎日1時間するか、②休日に8時間するか、どっちがいいですか?」 話を詳しく聞いていくと、①は仕事の後なので疲れ … つづきを見る

集中の海(深くまで潜る)

『夢十夜』第六夜のようにはならないで。

生徒さんの中に本やテレビで以下ような言葉に触れ、感銘を受けたとおっしゃる方がいらっしゃいます。 「木、石の中にあらかじめ像が宿っており、彫るということはその出現を手助けするだけ」 このような言葉は古くはダビデ像で有名なミ … つづきを見る

ミケランジェロのダビデ像

研ぎ機の購入に悩む人々

趣味で木彫をされている方から彫刻刀用研ぎ機の購入を検討していると相談を受けることがあります。私の教室に通っている生徒さんの相談なら受けるのは当然なのですが、事前に問い合わせもない初見の方が急に来られて相談される場合もあり … つづきを見る

高橋製作所の特殊研磨機

木彫における彫刻刀仕上げとヤスリ仕上げの違い

生徒さんには木彫における仕上げの基本として、彫刻刀だけでピカピカにする方法をまずは実践してもらっています。彫刻刀だけで仕上げるというと、「ヤスリで研磨した方がきれいなのでは?」と思われる方がほとんどなので、今回はどのよう … つづきを見る

木彫における彫刻刀仕上げとヤスリ仕上げの違い

トースカン先生はあなたの味方

はじめて生徒さんに「トースカン」と言うと、「トースカン?」となってしまいます。そんななじみのないトースカンについて、今日は説明していきます。 トースカンとは? 木彫など加工物に水平線を引くための道具です。 トースカンの構 … つづきを見る

教室で使用しているトースカン

順目と逆目を感じる

彫刻初心者が必ず一度はつまずくのが、順目(ならいめ、または、じゅんめ)と逆目(さかめ)。 木を彫ったことがない方のほとんどが、彫刻刀をどの角度から木に入れても同じように彫れると思っています。 木は繊維質であり、同じように … つづきを見る

ホリビト

木のクセと付き合う

彫刻をする際に用いる木は、数百年から数千年経ったものを主に用います。 この長生きした生命体を彫ることを考えると緊張します。いい加減なことはできないので、しっかり準備をした後に彫り始めます。一刀目は、さながら神聖な儀式のよ … つづきを見る

木のクセと付き合う
1 2 »

人気記事

記事カテゴリー

ほのぼの短文

ちっちゃな手 2018/12/07 15:22

修復用の手を制作

10月桜も紅葉もきれい【天王寺公園】 2018/12/07 13:14

誰も気づいてくれない 2018/12/02 13:04

寒さ対策。DIYで二重窓。

生徒作品【今後掲載予定】

ほのぼのスポット

仏像の知識

著作権

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。

ブログランキング


にほんブログ村 美術ブログ 彫刻へ
PAGETOP
Copyright © HORIBITO All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.