小物・創作木彫の技法

最終回のカイブツエリアです。

 

いつも通り、カイブツ周辺はカメエリアとほぼ同じ彫り方です。

下左画像の赤線に切り込みを入れていきます。

続いて、下画像で示す赤い部分にいくほど ...

小物・創作木彫の技法

ウサギエリアです。

 

ウサギ周辺はカメエリアと同じ彫り方です。

下左画像の赤線に切り込みを入れていきます。

次に下左画像の緑の矢印方向に向かって深くなるように浅丸刀で彫ってい ...

小物・創作木彫の技法

ゾウエリアです。

途中まではカメエリアとほぼ同じ彫り方です。

間隔の狭いところはラーメン彫りを応用しました。例えば下左画像のゾウの鼻と顔の間隔が狭いところは、間隔中央が深くなるようにピンク色線のところに切り込み ...

小物・創作木彫の技法

今回は、カメエリアを彫っていきます。

準備

その1で公開しました下絵をダウンロードし、カッターナイフで4分割します。

4分割した下絵にのりをしっかり塗り、板材に貼り付けます。

4枚の板材に各下絵を貼り ...

小物・創作木彫の技法

はじめてのコラボ企画です。初心者でも親しみやすく取り組みやすいデザインをTakaさんに作っていただきましたので、私が彫り方の一例を紹介していきます。

その1では、デザインとサイズについて説明します。

デザイン

以 ...

小物・創作木彫の技法

「檜垣(ひがき)」と「組亀甲(くみきっこう)」の彫り方を説明していきます。

1.檜垣の彫り方

檜(ひのき)やその他の板材を互い違いに組んだものを檜垣(ひがき)または網代(あじろ)といいます。今回はこの檜垣を編まずに彫って表現 ...

小物・創作木彫の技法

「青海波」と「七宝つなぎ」の彫り方を説明していきます。

これまでは、三角刀、平刀、キワ刀を多用してきましたが、今回は浅丸が活躍します。

1.青海波の彫り方

カーボン紙ではがき大の木に青海波と七宝つなぎを写していき ...

小物・創作木彫の技法

今回は「麻の葉」と「紗綾形」の彫り方を説明していきます。

「紗綾形」は卍(万字)を斜めに崩して連続しているので「卍崩し」「卍つなぎ」と呼ばれることもあります。

少し細かい彫りものですが、文様の彫り方 その1 ~ ...

小物・創作木彫の技法

中国古代の代表的な文様「雷紋」。
私はこの文様を見ると学生の頃に近所で食べた中華そばの器を思い出します。

今回は馴染み深い「雷紋」の彫り方を二例説明していきます。

ちょっとした彫り方の違いで見え方が全然 ...

小物・創作木彫の技法

木彫で緻密なレベルの技術を求める場合、はじめに練習として文様を彫るのもよいかもしれません。文様はパターンの連続ですので、正確な線や面などを彫ることができれなければ、整っては見えません。つまり、正確な線や面を彫る技術を身につけるのに打っ ...