仏頭の彫り方~釈迦如来編~で学んだ彫り方は仏像の本体を彫るときにも応用できます。高さ12cmほどの小さな阿弥陀さんを例に説明します。

以下は左から右の順に彫り進めたものです。

仏像の彫り方(基本は同じ)

かたちが次第にあらわれるのが分かると思います。

仏像の彫り方(用材)

元は直方体の用材です。トースカンで基準となる線を引いていきます。

仏像の彫り方(木取)

のこぎりなどで不要なところはカットします。顔や胴などの比率の基本ある程度決まっています。ここでは顔を少し大きめにしました。

仏像の彫り方(荒彫り)

仏頭と同じように角を取っていきます。角をどれだけ取るかは経験が必要となりますが、衣の下にはお腹があり、腕があり、足がありというように身体を少し意識すると取りやすいでしょう。

仏像の彫り方(小造り1)

お顔、頭、衣とおおままに彫っていきます。左右対称に気をつけ、イメージをふくらましながら彫り進めます。彫っている途中に迷いが生じたら、迷わずトースカンで基準となる線を引き、お顔や衣のしわなどを下書きをするとよいでしょう。

仏像の彫り方(小造り2、仕上げ)

細部を丁寧にゆっくり彫り進めて仕上げています。

各手順を確実丁寧に彫り進めることで、かたちはあらわれます。