以下に仏頭の彫り方~釈迦如来編~をまとめておきますので、目次としてご利用ください(クリックするとジャンプします)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その1(作る前の注意点)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その2(比率、左右対称)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その3(角を削る)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その4(おおまかにお顔彫る)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その5(お顔を丁寧に彫り進める)

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ その6(耳の位置を決め、お顔をさらに整える)

また以下は、聖観音菩薩の仏頭です。基本は釈迦如来の仏頭と同じような手順で彫り進めます。

観音菩薩(仏頭)

観音菩薩(仏頭)

菩薩像は出家前の釈迦の姿がモデルで、髪を結い上げ、宝冠を着けています。

手順に沿って、各手順をゆっくりと丁寧に確実に彫っていくことが大切なのは、釈迦如来の仏頭と同様です。

彫ってみると釈迦如来とはまた異なる気づきも得られるでしょう。