仏頭の彫り方(釈迦如来)

仏頭(釈迦如来)

数回に分けて釈迦如来の仏頭の作り方について簡単に解説します。
生徒の方はもう少し詳しい資料(pdf版)を用意しましたので、こちらよりダウンロードしてください。
また、パスワードやダウンロード方法が分からない場合は、稽古時間に聞いてください。

まず彫る上で大切なことは、完成を急かないことです。彫る工程を細かく分けて、各工程をひとつひとつ丁寧にこなしていくことで、失敗する可能性はへっていきます。また、各工程を確実にこなすことで立体を見る力や彫る力、集中力も増していきます。

教室では基礎として仏頭を彫ります。理由としては誰もが顔にこだわりがあり、何かしらの基準を持っているからです。好みの仏像であったり、好みの人の顔であったり、美しい、醜いなどの基準があり、彫っていて上手くいった、上手くいかないと自分自身で判断しやすく、気づきを得られるという点でも取り組むのに良いと考えています。

仏頭の彫り方~釈迦如来編~ 目次

  1. 作る前の注意点 ←現在表示しているページ
  2. 比率、左右対称
  3. 角を削る
  4. おおまかにお顔彫る
  5. お顔を丁寧に彫り進める
  6. 耳の位置を決め、お顔をさらに整える