文様の彫り方 その8 ~分銅繋ぎ(ぶんどうつなぎ)、立桶(たてわく)~

小物・創作木彫の技法

今回は「曲線」で構成された文様をキワ刀一本でシンプルに彫っていきます。

取り組む文様は、「分銅繋ぎ(ぶんどうつなぎ)」、「立桶(たてわく)」です。キワ刀で曲線を彫る練習にぴったりです。

「分銅繋ぎ(ぶんどうつなぎ)」は、分銅(天秤で質量を量るために使う質量基準となる金属塊)を繋ぎ合わせた文様です。

「立桶(たてわく)」は、水蒸気が涌き立ちのぼっていく様子を曲線で表した文様です。

シンプルですが、木のことが分かっていないとガタガタになってきれいにはできませんので、気を抜かず取り組みましょう。

1.分銅繋ぎ(ぶんどうつなぎ)の彫り方

カーボン紙ではがき大の木に分銅繋ぎ、立涌を写していきます。今回は切り込む箇所のみ木に写しています(切り込む箇所は後述)。下絵はここ(分銅繋ぎ、立涌のPDF)よりダウンロードできますのでご利用ください。

赤線(黒線上端)に切り込みを入れ、その切り込みと交わるように黒線の部分を平面に彫っていきます。

 

断面は次のようになります。

 

曲線の流れに合わせ切り込みを入れ、

切り込み

その切り込みに沿って黒線部分を平面を彫っていきます。順目になるようにキワ刀の表刃、裏刃を使い分けながら彫っていきましょう。順目のルールが分かっていない場合は、彫るときに木から返ってくる抵抗などを手がかかりに彫っていきましょう。

キワ刀の表刃で彫る
キワ刀の裏刃で彫る

 

2.立桶(たてわく)の彫り方

立涌も分銅繋ぎと同じ彫り方です。赤色線(黒線の左端、右端を交互になぞった線)に切り込みを入れ、その切り込みに沿って黒線部分を平面を彫ります。

見た目は分銅繋ぎより簡単そうに見えるかもしれませんが、順目が頻繁に切り替わるところがやっかいではあります。平常心で取り組みましょう。

 

文様の彫り方

  1. 文様の彫り方 ~格子(こうし)から鱗(うろこ)~
  2. 雷紋(らいもん)
  3. 麻の葉、紗綾形
  4. 青海波(せいがいは)、七宝つなぎ
  5. 檜垣(ひがき)、組亀甲(くみきっこう)
  6. 三枡繋ぎ(みますつなぎ)、三枡散らし
  7. 流水
  8. 分銅繋ぎ(ぶんどうつなぎ)、立桶(たてわく) ←現在表示しているページ
  9. シンプルに彫るやで2
  10. シンプルに彫るやで3
  11. あのねじれを彫るやで
  12. いっぱい飛ぶやで
  13. 人気のあれを彫るやで
  14. また咲かせるやで