図書館が非常に便利になっています。大阪市だけではないと思いますが、ネットを通したサービスが充実しています。

便利ポイント①大阪市内24か所の図書館にある本を予約できる

大阪市立図書館」のホームページから「本のタイトル」のや「著者」などで蔵書検索すると、どこの図書館に所蔵しているかが表示されますので、あとは予約するだけです。すでに貸し出されている本の場合は順番待ちになります。

○2016/10/18現在24か所

旭図書館、阿倍野図書館、生野図書館、北図書館、此花図書館、島之内図書館(中央区)、城東図書館、住之江図書館、住吉図書館、大正図書館、中央図書館(西区)、鶴見図書館、天王寺図書館、浪速図書館、西成図書館、西淀川図書館、東住吉図書館、東成図書館、東淀川図書館、平野図書館、福島図書館、港図書館、都島図書館、淀川図書館

便利ポイント②受け取る図書館を指定できる

予約した本を所蔵している図書館で受け取る必要はありません。自分が受け取るのに最適な図書館を指定すると、そこまで運んで、届いたらメールなどで連絡もらえます。

便利ポイント③大阪市以外に住んでいる方でも利用できる

大阪市立図書館ホームページ「図書館利用に関する質問」の記載を見るかぎりでは、大概の方は利用できそうです。

大阪市以外に住んでいる方でも以下のどれかを満たせば図書館カードを作れます。

  • 大阪市に在勤・在学
  • 行政締結している八尾市
  • 図書館の相互利用を締結している市(堺市・松原市・東大阪市・大東市・門真市・守口市・柏原市・藤井寺市・羽曳野市・富田林市・大阪狭山市・河内長野市・吹田市)
  • 名前と現住所が確認でき、通常の図書館利用可能な方

利用するために

図書館カードをお持ちでない方は、発行するために図書館にある「図書館カード申込書」に記入してカウンターに持っていきます。その際、健康保険証や運転免許証など名前と住所が確認できるものも必要です。

ネットのサービスを受けるためにはパスワードを発行する必要がありますので、パスワードの発行も希望しましょう。図書館カードをすでにお持ちの方はパスワードのみ発行してもらいましょう。

出版業界の今後のために

買う価値があると感じたら買いましょう。