中東を中心に起こっている問題を読み解くのに役に立ちそうな一冊。

『日本でいちばんイスラームを知っている中田考先生に、灘高で同級の勝谷誠彦が教えてもらった! 日本一わかりやすいイスラーム講座』(勝谷 誠彦&中田 考/アスコム)。

本書の特徴は、ムスリム(イスラーム教徒)でイスラム教の学者である中田考先生が、イスラームについて語っている点です。ニュースなどでイスラームについて知識を得るとき、どうしても外部的視点でイスラームを見るため、彼らがどのように考え、どのように行動をするのかということが輪郭をなして見えてこない、もやもやした部分が私にはありました。その点、ムスリムである中田考先生は内部からその輪郭を明らかにしてくれました。日本人の精神性も分かっており、日本人とムスリムのパイプ役となりえる数少ない日本人であることは間違いないでしょう。対話相手が同級の勝谷誠彦さんが上手く話をまとめていることもあり、シンプルで分かりやすい内容となっています。

中田考先生にはテレビなどでもっと語ってほしいところですが、ある事件でニュースに出たぐらいであまりお見受けしないのが残念です。