仮想のような、現実のような、新型コロナウィルスで大混乱の2020年。
自粛で時間ができたにもかかわらず、あまり外出できない制約の多い状況。

でも、彫刻をする者は物事を多面的にとらえるなり。
これは、深くもぐって探求のチャンス。

今回の探求は、仮想と現実を行ったり来たり。

ブーン!
まずは仮想世界でホリビト3Dデータを作成。

     

次に、現実世界で出力するため、全体にサポート(柱状のもの)を取り付ける。

ホリビトの3Dデータにサポートをくっ付ける

サポートをくっ付ける

仮想世界から現実世界に戻り、3Dプリンタで出力。

ホリビトを3Dプリンタで出力

3Dプリンタで出力

初めてにしてはまずまず。しかしその後、サポートを取り外すときに失敗。

ホリビト3D_手足が折れ哀愁ただよう

手足が折れ、哀愁ただよう

このようなことがあっても、じっくりと観察。

経験で得られたこともあり、今後に生かせるなら問題なし。

続いて雲を同じような流れで制作。

さらに、勢いのまま、2021年の干支をモチーフに「雲牛~kumoushi~」を制作。

雲牛(くもうし)

雲牛~kumoushi~

現実世界で培った観察力は、仮想世界でも力となり、仮想世界で得られた視点は現実世界に変化をもたらす。

人生を深める探求に終わりなし